この資格は弁護士や公認会計士、税理士、司法書士も必要

この資格は弁護士や公認会計士、税理士、司法書士の方々にも必要な知識です。

現在、投資・トレードの知識は、弁護士や公認会計士、税理士、司法書士の方々にも

実務に必要な知識となっています。

asian businessman

理由は、市場経済が世界的に盛んになり、国内でも、年金がGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)として、141兆円も株式運用しだして、本格的運用になっている現在、

特に国内での士業の方々の業務には必須の知識となって来ているのです。

顧客との依頼の中で、それを実感されておられる方々も多いと思います。

こうした知識を得る場合、当協会の2級程度までのテキストを読むことで、

必要充分な知識を得ることができ、今後の士業運営に役立つものとなっています。

001041

・個人投資家の実態

個人 投資家の実態は意外に知られていません。日本に何人いるのかも正確に把握できないのです。
個人株主の延べ人数が2012年度末で4596万人 というデータ(全国5証券取引所調べ)はありますが、
1人でたくさんの銘柄を保有している投資家も少なくないため、個人投資家の総数と一致するわけではありません。

し かし推測する手掛かりはあります。

日本証券業協会が7000人を対象に実施した調査によると、個人投資家は1人で平均3.4銘柄 を保有しています。

ということは4596万人を平均保有銘柄数の3.4で割れば、個人株主の総数は、なんと約1352万人という計算になります。 (中略)

日本 の個人金融資産は13年6月末で1590兆円。このうち預貯金が全体の54.1%を占め、株式・出資金は8%、投資信託は4.5%です。
これに対し米国では、個人金融資産62兆3983億ドル(約6200兆円)の18.4%が株式、9.5%が投資信託、13.8%が非法人事業出資金と、この3つで41.7%を占めています。 現預金は13%しかありません。

 

nyse

 

東証 の投資部門別売買状況によると、
個人の株式売買はここ数年、現金取引が約4割、信用取引が約6割という比率が続いています。
しかし実際に信用 取引を利用する人数自体は個人投資家の1~2割程度にすぎないといわれています。
信用取引は短期間で何度も売買を繰り返すため、売買金額でみ ると信用取引が現金取引を大きく上回るのです。 (中略)

・投資家は勝っているの?
「デ イトレーダーは約5万人で、これに月間取引が10回を超える準デイトレーダー45万人を 加えると、売買代金の8~9割はこれらの短期投資家が占めている」――。ある証券会社ではこう推定しています。

ただしデイトレードで大きな利益を得ている個人は少数派で、大半の人は損しているとみられます。
そもそもデイトレードに限らず「個人の約7割は株式投資で損し ている」 と昔から言われているのです。
おそらくこの数字はいまもそれほど大きく変わっていないはずです。

少額 投資非課税制度(NISA)の掛け声のようになっている「貯蓄から投資へ」という甘い誘惑に乗り、
初心者が安易に株式投資に手を出すと痛い目 に遭う可能性があります。
株式投資で成功するためには人並み以上の探求心と勉強用意周到な準備が必要なの です。

ソース: 日本経済新聞

遅かれ早かれ日本も米国に近づくでしょう。

 

また現在、日本には、投資の為の協会としては、証券会社側のものしかありません。

・日本証券業協会・投資信託協会・信託協会

・投資顧問業協会・日本証券アナリスト協会・日本テクニカルアナリスト協会・日本FP協会(ファイナンシャルプランナー)

ひとつだけありますが。。。

・日本個人投資家協会 → (企業訪問見学専門です。)

・外務員資格・外務員資格試験 – 日本証券業協会
 証券会社の外務員用もので。「他に就職できる訳でもなく外務員になる以外何の役にも立たないが。」

・証券アナリスト資格
この講座は、証券アナリストの業務に必要な知識、分析・応用力等の習得を希望する方は、だれでも受講することができ、年齢、学歴などの制限は 一切 ありませんが、、業界用のものです。

受講料(消費税込)(2015年度の場合)
受講科目    2015年度
会員受講者    一般受講者
選択受講    証券分析とポートフォリオ・マネジメント    29,800円    33,900円
財務分析    14,400円    16,500円
経済    14,400円    16,500円
3科目一括受講    49,400円    55,500円
  証券マンが取るなら意味もある資格です。が、今、もはや多過ぎです。。

___________________________________________________________________________

当協会は、日本初のプロトレーダー育成の為の、ビジネススクールです。

実戦 (*1) 向けの勉強のみに絞り、今まで日本になかったレベルの高い個人投資家を育成します。

また当協会公認資格を取る (*2)ことで  、個人投資家のトレードの飛躍的スキルアップ (*3)だけでなく、

資格者が全国各地で塾・セミナーを開業していくことでき、指導者を増やすことを目指しています。

弁護士や公認会計士、税理士、司法書士などの、

士業の方々の日々の業務上の顧客との相談に適切な資格であり、知識であります。

ひるがえって、現状 (*4)を改善し、米国個人投資家のように、専業で活躍でき生活できる投資家を増やす!ことを目指していまます。

●1.225先物投資の実践 (*1)
●2.資格レベルの勉強過程を学ぶことでレベルの高い投資技術を学ぶ (*2)
●3.過去現在の教本にない実戦に役立つことのみ教えて行きます。 (*3)
●4.「今までの書店の投資本や実際に株を買ったことの無い評論家解説etc、
間違った投資技術や何もリスクを教えることの無い今までの投資知識 と常識」 (*4)

Hände während eines meetings

 

下記メニューを順番にクリックすると、順を追って読み進めます
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 「11.この資格は弁護士や公認会計士、税理士、司法書士も必要」12 13 14 15 16 17 18 19 20