資格取得は経費処理できます

資格取得は個人でも経費処理できます。

業務を行うに直接必要な資格であれば経費は可です。

そのときの科目は雑費でよい。

そもそも個人事業の場合は必要経費か否かが問題なんだから、

青色申告決算書や収支内訳書に既に記載の科目でよい。雑費

ただ金額的に大きいのであれば空欄を利用して資格費等作れば良い。

個人事業主だけでなく、会社員であっても、別途申告すれば可能です。130

建築士、建築・土木施工管理技師、
など仕事に必要な資格にかかる講習代、受験代、定期講習代などは、「研修費」で会計しましょう。

受験に関係したテキスト代、参考書、問題集、専門図書の購入代は、「図書費」で会計します。
受験地に行く、交通費や宿泊費は、「旅費交通費」で会計して下さい。

上記は、ご自営者の奥さんでも可能です。ご参考まで

会社員で会社が了解の場合は、総務経理が上記処理してくれます。

 

 

 

下記メニューを順番にクリックすると、順を追って読み進めます
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 「14.資格取得は経費処理できます」15 16 17 18 19 20